なぜ足で行う施術を覚えて欲しいのか。

2018年2月9日 at 09:46

【2/28足踏みdeほぐし講習会のリマインドです】

それはどんな手技よりも、
施術者自身が健康になれると実感したからです。

私は現在、足踏み療法以外のボディケアは
整体、アロマトリートメント、リフレクソロジーの手技を持ち合わせてますが、
結果的に初めて学んだ足踏み療法の考え方に戻ることが多々あります。

経絡や反射区、リンパ、筋膜、骨格…。
解剖学的な考え方をすれば結果的にどれも同じなのだと気づく頃には、すべての施術法に自信が持て、思考にブレがなくなりました。

この経験は何年かやってきているセラピストなら誰でも経験する感覚なのではないかと思っています。
だから自分の持っている手技を信じ、これがベストと自信を持って施術ができるのだと。
そんな中、私はたくさんのセラピスト仲間と出会い、疲れてる人を元気にしてあげたいと思う仲間ばかりでいつも居心地の良さを感じてきました。

本当にセラピスト仲間はいい人!
優しい人の集まりです!
なのに自分達も体に負担がきてることも気づいている。
確かに手技では身体を壊さない使い方をマスターしていても負担がくることを私も実感していたし、その都度、ベッドの施術では「足踏みなら簡単にほぐせるのになぁ」と思う時があります。

足踏みなら、腰を曲げず、真っ直ぐな姿勢で手先や腕を使わず足の加重で楽にほぐせるのに…。
そう思うことが増えた頃から、
足踏みを知らないセラピストに覚えて欲しい。そう思うようになったのです。

いかがですか?

私が足踏みを教えたい思いをお伝えしました。

また、今回からはご要望の多かった、ベッド施術に応用できる施術法も教えていきますので、店舗勤務のセラピストさんにとっても活用できるかと思います。

2/28の足踏み講習は地上約80mから新宿の街並みを見晴らす快適なロケーションです。

ご検討中の方は、このチャンスをお見逃しなく!
お電話かメールでお問い合わせください。
?Gg[???ubN}[N??